無料でSEOとかアフィリエイトとか

●最近更新したような気がする記事●


管理人採用ランキングサイト
人気ブログランキングへ

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事は参考になりましたか?


応援クリックおねがいします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ ビジネス・仕事ランキング
人気ブログランキングへ
ビジネス・仕事ランキング
私も登録してみる by BlogPeople

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆ブログアフィリエイト◆正攻法とは?

出来ないのではなく やらないだけなんだ・・・


アフィリの収入に頼りたいあまりに
ブログアクセスアップを目指しているけど
結局途中でくじけてしまう・・・

そのような方の大半が必ず口にする言葉です。

「出来ないんです」 「やる時間がないんです」

たったの5分の作業が出来ない?

もちろん私が見ている状況下ではありませんから
責めもしないし、訂正も求めません。

だって~ その人が努力しないで
 どうやってその人の収入になるのでしょうね?


短期で稼げる? 1つの記事で長期で稼げる?

これってまずありえませんよね ><

短期で稼ぐのであれば、それ相当の準備期間が必要ですし
1つのペラ記事で稼ぐのであれば、相当数のサイトを用意しなければならない。

その費用をどこに掛けるのか?なのではないでしょうか・・・

業者に頼んで被リンクを確保するのか?

アド出稿をしてアクセスを集めるのか?(広告集客)

自動ツールによる「足あと付け」や「コメント周り」をするのか?(スパムギリギリの行為)


ここ5年間で皆さんがやっている事って変わってないんですよ・・・汗
もちろん商材にしろ、ツールにしろ良いものも作り上げられて来ています。
しかし、使えていない 使う手段を分かっていない のが実情ではありませんか?

効率化は大切です。
しかし、それはあなたの進歩なのですか?
それとも、退化していませんか?

効率化できる部分はシッカリ見極めて作業しましょう。

無駄な作業を繰り返していては、絶対に稼ぐ事なんて出来ないんです。
それよりも、王道的な作業をしている事が有意義であり
さらに自分を進歩させてくれるのです。

あし@の「あしとも申請」なんてひどいものです。
ブログすらまともに見ない人が申請してくるのですからw (たぶんツール)

ランキングの応援コミュもそうです。
応援しました~って書いてあってログ見ると
数秒ブログに足跡付けただけで応援されていない・・・汗

ツール使ってでも応援してくれる人の方がよっぽど正しい。
  ※ アドのクリックならツールでも違法になりますから
    私はアドを張らないしクリックもされたくないw


それでは、どのような事が本当の正攻法なのか?
どうすれば稼げるブログを作っていけるのか?

ブログアフィリエイトはシッカリしたコンテンツを作る。
記事はどのような形であれ1週間に1記事以上書く。
自動ツールで記事を書くのであれば手動で訂正を必ず施す。

テンプレートやブログ全体のバランスを見て
見る側視点で作り上げていく。

SEO対策をする。分からなければ調べる。
それでも分からなければ質問をしてみるのもいいのではないでしょうか。
   んっ?私っ?聞いてもらったら答えますよ個別にねw

SNSのコミュニテーなどでは絶対に自動コメントや自動友達申請はしないで
必ず、自分の言葉で表現をするようにしましょう(下手でも相手に伝わる)

ブログのコメントはどんな形でも返すようにしましょう。

効率をあげる手段としては・・・
 以前書いた記事を参照してみてください。
http://yesnet.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html


               なんか今回怒ってない?

全然怒ってません ((( ̄へ ̄井)

               怒ってるじゃん・・・

(`・ω・´メ)

               久々にエロサイトから
               コメント来たんじゃなぃ?


フン!! (・ω´・★)三(★´-ω-)σシラナィ

               図星かっw

ただ・・・言える事は
               マトモな物作って欲しいのでしょ?


ではまた~

               こいつはこの展開だとなぜか逃げるな・・・

この記事は参考になりましたか?


応援クリックおねがいします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ ビジネス・仕事ランキング
人気ブログランキングへ
ビジネス・仕事ランキング
私も登録してみる by BlogPeople
スポンサーサイト

| 方法 | 16時01分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆カラーバランスが決め手◆

どんなにwebサイトやブログへの誘導が出来ても
見てくれる人の気持ちにならなければ
長期滞在やファン獲得は難しいですよね。

今回タイトルにしているカラーバランスは
SEOというよりもマーケティング的な要素です。

ビジュアルを気をつけなければ
どんなに素晴らしい情報や商品を掲載していても
見る側が受け付けるサイトカラーでない場合は
閉じられてしまう可能性があります。

誰しも『自分の好きな色を使って作りたい』と
思うのは当たり前なんですが、見る側が何を
求めているのか?を考えて作りこむ必要があるのです。

では、どのような配色にしていけばいいのでしょうか?


皆さんは、赤は興奮する色とか聞いた事があると思います。
そうです、兎に角目立つ色なんですよね。

では、他の色はどんなイメージをお持ちですか?

 青は?
            すすめ~!
 黄色は?
            ちゅうぃ~ ><
 緑は?
            和むな~ (~。~)

まっ様々な人独特の表現はあると思います ^^;


 はビジネスで良く使われています。
 信頼感を与える色で当たり障りがない清潔なイメージです。

 黄色は、注意を促し、安全を表現している色で、昔は工事現場の
 ヘルメットにも使われ、小学校では通学帽子やランドセルカバーと
 しても使われています。
             黄色って見にくいぞっ

 は、清潔感と安心を表現していますので
 医療系や官公庁などで主に用いられています。
             病院は確かに緑のサイト多いな~♪

 オレンジは、温かみのある色を表現してますので
 緑同様の使い方もされています。
             へぇ~

 は、先ほども書きましたが、目立ちのイメージで
 情熱・興奮を表している為、オークションやショッピングサイトで
 よく見かけると思います。
             楽天はそのままやね~

だからといって、ベースカラー1色とホワイトでは
目立つ物はなくなってしまいますよね?

こんな時こそ、アクセントカラーとして
反対色を使うようにします。

シンプルでもアクセントを入れることで
イメージ的に深みが増してきますので
見た目が良くなってくるのです。
      暖色と寒色の使い分けも大事という事か~



ヾ(#`Д´#)ノウヮーン!!!
      なんだよ~
        「言われちゃった」みたいな顔するなよ~w



では、テキストリンクカラーはどんな色にすればクリックされるでしょうか?
      話が飛んだぞっw

ごほっ・・・
皆さんの中にはアドを使われている方がいらっしゃいますよね?
「クリック率がなぜか悪いんだよな~」ってお悩みの方の為に・・・

バックカラーが白や薄い色の場合は、青がクリックされやすいです。
というのも、昔は表現する色が乏しかった事やネット初心者は
yahooで育つと言われるように、リンクの認識が青と
なってしまっている事が要因になってきています。


白がバックカラーです。試しにどのクリックを押したいですか?
  ランキング    ランキング   ランキング
       ランキング    ランキング

やはり青でしたよね ^^



だからといって、濃い色のサイトで、わざわざアドの部分だけ
バックを白にしたら 少しみっともないですよね・・・

バックカラーが濃い色の場合はオレンジや黄色などの反対色を使うと
目立ちますから、クリック率が上がりますのでお試しください^^
※青・緑はボケちゃいますのであまりお勧めしません



webサイトやブログは色によって作り込みや配置に気を配る事で
その後のアクセス数も変わってきます。
色々と試してみましょう^^
              今日は逃げないの?

ん・・・ それでは^^ノ



この記事は参考になりましたか?


応援クリックおねがいします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ ビジネス・仕事ランキング
人気ブログランキングへ
ビジネス・仕事ランキング
私も登録してみる by BlogPeople

| 無料 | 00時46分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ターゲットは何なのか?◆そのターゲットで成り立ちますか?


自分が管理している色々なサイトやブログの
アクセス解析を眺めていると面白い事があります。

このブログの場合は忍者・FC2・あし@・秘密の
4つを使っているので見比べると

 誰が何ページ見ているのか?
 どの頻度での訪問なのか?
 どこをクリックしているのか?
 自動ツールでの訪問なのか?

などが分かってしまう。

明らかに自動ツールでの訪問を確認すると
どんなサイトの人がやってるのか?と
疑問になるので一応訪問して確認

すると・・・
 記事も手書きでなくツールで書かれている
 商品の説明のみ、もしくは情報商材説明文
 おまけにリンクはアフィリ以外は存在しない
 アドもただ張っただけ・・・汗
 metaタグもなぃ
 極めつけにアクセス解析もついてなぃ
 URLをgoogleとyahooで検索しても結果なし!

         なんだこのページw
しばらく考えて・・・   !!

あっなるほどね・・・この人は情報商材を買って
説明書のみを実行している人なんだ~♪
--------------------------------------
自動ツールでサイトを作成
   ↓
自動ツールで指定したキーワードで勝手にアクセスし訪問客を募る
   ↓
アクセス元から来た人が商品(情報商材含む)を購入
   ↓
報酬確定
--------------------------------------

たぶんこんな流れの情報商材だったのだろう

数年前なら皆が飛びついた稼げるサイト作成法かもしれないが
説明書のみの実行で今やって稼げると思っているのだろうか?
               完全否定はしないのかw

説明書には『ターゲットとなるキーワードでアクセスを集めます』
程度しか書かれていなかったのかもしれない。

アフィリエイト初心者が落ちやすい罠にハマッタとしか
言い様がないのが本当に残念・・・

ネット購買層の世代別20歳~40歳代でアフィリエイトの認知度は
およそ80%以上と言われています。
               
このような現状でブログの独自性がなく、ただの商品説明では
いくら集客しても、購買率が悪いだろう
           もしかすると1年経っても0かもw

 ※購買率=購入者数÷訪問者数
  1000人訪問で販売10=1%となります


楽天やamazonといったWebショッピング大手は知名度があり
知名度はお客に対して安心感を与える。

初めてネットで買い物をする人が、どこにでもあるような
商品を購入する場合、やはり安心した商品取引ができるサイトから買う。
           当たり前だよねぇ~w

それならば、良い商品を独自に調査してシッカリしたページを
手動で作り、アクセスを集めた方が確実に売れるだろう。

この場合のターゲットはブログ作成キーワード選びと同じ要領で選定します。

先日書いたキーワード選びの記事も参考にしてみるのも良いでしょう。
 http://yesnet.blog82.fc2.com/blog-entry-49.html

選定したターゲットキーワードをgooleやyahooで検索してみると
検索結果が分かるので、必ず検索してみましょう。
           商売敵はどのくらい居るんだろうね~w

特に、○○に関する事は必ず売れます。
                      書かね~の?w

これを書くと増えすぎてしまいますので あえて書きません。
しかし、知っている方は必ず○○のサイトを運営されているでしょう。

大切なのは学ぶ力・考える力・工夫する力です。
頑張っていきましょう ♪

この記事は参考になりましたか?


応援クリックおねがいします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ ビジネス・仕事ランキング
人気ブログランキングへ
ビジネス・仕事ランキング
私も登録してみる by BlogPeople

| 方法 | 10時29分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●モバイル動向 これからの携帯市場

ランキングが段々と高くなると色々出てきます。
          とうとう真似されるサイトになってきたw

今回はモバイル市場の調査が出たので少しお話を・・・
          モバイルよりも携帯って書きたいw

とある企業が、有効回答者数約1500人の結果を発表しました。

まず、NTTドコモの公式サイト数は約2万サイトにも上っているが
今更公式サイトを作っても、上位しか勝ち組にはなれないのが
現状でしょう。
          なんで~?どこでも公式の方が良いって・・・

今回の調査の結果もそうですが、モバイルコンテンツよりも
モバイルコマースの方が市場規模が大きく上回ったからだと思います。

また、回答数の7割が携帯でショッピングを利用した事があると答えています。



モバイルコンテンツ市場は2008年時点で約5千億円
モバイルコマース市場は同年時点で約1兆円


この画像は日経BP社より引用


しか~もですよ、携帯オンラインショッピング、利用者の8割強がメルマガを受信している。
携帯オンラインショッピング利用者の約8割以上が『いつも利用しているサイトからの購入』と回答している。

公式サイトに登録してる暇があれば、顧客獲得に全力を注いだ方が、良いとの結論だということです。

また、ショッピングサイト利用者の支払方法は
5割が代引き クレジットは4割 コンビニ先払いが2割 ※複数回答の為
となっています。

この要因になっているのが、2006年から各社の
検索エンジンが対応された為と以前話したと思います。
              このブログじゃね~よ!! 

しかも、携帯電話検索は、yahoo・Google・ドコモ・au・SoftBankのポータルで
84%のシェアを持っていることから、対応をしていかなければなりません。

しかし、モバイルサイトを作るときの注意点として、どのキャリアに対応させるのか?
ここがポイント
になってきます。

検索シェアはyahooが約4割 googleが3割と全体の7割を占めている事も考慮しましょう。

では、男性向きなのか?女性向きなのか?も興味がある所だと思います。
結果は男性でも女性でもほぼ一緒。しかし微妙に女性が多く利用されています。

また、主婦層よりも外で働く方の利用が多いのもモバイルならではないでしょうか。
              主婦はネットで買うだろw   



さて、次回は続きを書こうと思います。では失礼
              ここで書くのか?             

アクセス数にもよります・・・汗
              反響なきゃ書かないんだな!!

それでは~♪
              またこの展開か・・・  


 

この記事は参考になりましたか?


応援クリックおねがいします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ ビジネス・仕事ランキング
人気ブログランキングへ
ビジネス・仕事ランキング
私も登録してみる by BlogPeople

| モバイル | 00時55分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆検索力をつける キーワード選びが出来るようになる!!

今回は、とあるランキングサイトのコミュで質問された事が
キッカケで似たような(どうしたらいいですか?的な)事を
ご自分でも出来るように記事にしてみました。

その方、高級車に乗ってます。
うらやましいです。

負けてられません><

まっ、ともかく・・・ゴホンッ!!

あなたがサイトを作っている時に悩んでしまった場合
どのような事をしますか?

 1. その場で妄想する
 2. コーヒーを入れながら考える
 3. 寝る

私は、1です・・・^^; ちょっとだけホントです・・・汗

実際には、何でだろう?とgoogle検索とyahoo検索を開始します。

で、まともなサイトが無いと嘆きますw

その時に、検索対象のキーワードは1つの物を探すのに
10個程度を含め複合ワードとして検索しています。

     最近手が寒いんだよ・・・どうにかならないかな

ホットカーペットでは下半身は良いのですが・・・
ゴホンッ! 話を戻します。

例えば「空気清浄機」を探した場合、
 どんな機能が付いているのか? で探した結果に基づいて、また検索していきます。
 下記画像を参照ください。
                      また説明じゃなくて画像かぃ!
 
検索してみましょう^^


と、このように複数回検索して初めて目的地に到着するわけです。
このように、空気清浄機を探しただけでもキーワードはこの数出てきます。

                      例だから抑え目にしてるな・・・w

あなたも検索する時は、このようにしてませんか?
見る側の検索力は、欲しい物探しですから色々な手段を使います。

そして、この検索力はサイトを立ち上げた時やブログを更新する記事を作る時に
最低限必要なキーワードを選ぶ力にもなっていくのです。

                      でも面倒だな・・・考えなきゃだし

考えるのは非常に面倒です。しかし、見てもらう人に有益なサイトやブログでなければ
どんなに作りこんだサイトでも、「表示したけど→これじゃないから閉じる」という
サイトになってしまい、アクセスだけで売り上げが伴わないと思います。

                      やっぱ面倒だな・・・

そんな時の為に、googleではこんな機能を役立ててください。

 http://www.google.com/insights/search/#

以前、チャット講師をしていた時に「キーワードが探せないんです」って方が居られました。
その時私は、「コンビニの本のコーナーで探してみては?」
と言ったんです。
                      ははっ立ち読みか?w

立ち読みでも全然良いと思います。
コンビニの本は、売れ筋や旬なものしか取り扱っていません。
売れない本は置かないのは常識ですから、ただの書店とは違うのです。
                      へぇ~


また、これから売れるであろう商品を、紹介している本も置いてあります。
意外な盲点かも知れませんから、一度試してみてはいかがでしょうか?
                      んで お前はそれで作ってるのか?

それではお互いがんばりましょう~♪
                      またこの展開で逃げるのか!!








この記事は参考になりましたか?


応援クリックおねがいします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ ビジネス・仕事ランキング
人気ブログランキングへ
ビジネス・仕事ランキング
私も登録してみる by BlogPeople

| 方法 | 00時33分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。